中古マンションリフォームで暮らす

実際に中古マンションをリフォーム(リノベーション)して暮らしている管理人のブログです。

35年ローンを組んで家を買うのは愚かな事なのか?

http://www.flickr.com/photos/126278138@N03/17121706878
photo by pictures of money


35年ローンを組んで家を買う事について以前より賛否両論あります。

今もネット上でいろんな記事が上がっていますが私も住宅ローンを組んで家を購入しています。

結論から書くと、おそらく皆さんの予想どおりです。

結論は出ません。

少し前に、山崎 元さんの書かれたこの記事を拝見しました。

gendai.ismedia.jp

投資の観点から見た場合には、家を買うのが正解かどうかはわからないと書かれています。

ましてや住宅ローンを組んで家を購入する事は、一般家庭に於いては大きなリスクテイクになるとの事です。

投資の観点からはこれはとても正しい事だと思います。

しかし私が住宅を購入した際に考えた事は投資として合理的かどうかではありませんでした。

子供が生まれて、今住んでいる場所は子供が暮らしにくい場所だな・・・。

子供を育てるのに良い環境の場所に住みたい。

例えば、家を現金で買えるまで貯金すれば経済的には合理的だけど、子供が成人して、老後を過ごすために新居を構えることは幸せなことだろうか?

これについて経済的に合理的かどうかと言えば、合理的ではないと思います。

しかし家を購入するのはそれも考慮する必要はありますが、その選択をして幸せな暮らしができるかどうか?というのもとても大切な事だと思っています。

例えば死ぬ間際に新築の家を手に入れても私には余りメリットは感じられません。

それよりは子供が成人するまで、家族で暮らす自分達の家、私たちは自分たちの理想の暮らしをするための巣を作ることにしました。

私たち夫婦が家を買って正解だったかどうかは30年後くらいにならないとわからないと思います。

おそらくこれをご覧になられている方も私たち夫婦の結果を見る前に決断する必要があると思います。

私たち夫婦は中古マンションリフォームという結論に至りました。

住宅の取得に関する予算を新築の半額程度にすることでリスクを減らすことにしました。

これが正解だったかどうかはわかりません。幸せな暮らしができているかどうかについては、今のところ正解です。

そんな感じです。