中古マンションリフォームで暮らす

実際に中古マンションをリフォーム(リノベーション)して暮らしている管理人のブログです。

同居はイヤ!でも待てよ、近居で生活費を節約するというライフハック。

http://www.flickr.com/photos/46434953@N07/9529996261
photo by Rachel Elaine.

家を購入する際には、全ての支出を見直して資金管理しよう。

今回のテーマは同居か近居か、です。近居というのは近くに住むという事です。

本題に入る前にまず以下の検討事項があります。

家を購入する際には今何にいくら払ってるからこれくらいを住宅購入に割り当てられる、という計算をされることと思います。

なんと、同居すれば一気に資金面が有利になる場合があります。

住宅を共同購入する、車をシェアする、食材をコストコで安く買って分けるなど、他にもいろいろできます。

では本題です。

同居はイヤ!

家を購入する上で検討した方が良い事の1つに、親と同居するかどうか?というのがあります。

ですが両親が元気な場合、同居するメリットよりデメリットの方が大きく感じます。

プライバシーが確保されない、監視されてるような気分になる。家事のズボラができないなど・・・。

私も家を購入する際には親と同居するのかどうか非常に迷いましたし、実際に両親と相談しました。
私の母は父の両親と同居していましたので、同居の家族だったという事になります。また、第一子が生まれてから1ヵ月ほど妻の両親の家に同居させて貰ったこともあり、それらの体験談を交えてご紹介したいと思います。

同居するメリットは?

・資金面で協力しあえる

親の方がお金持ちであれば援助して貰えるので良いです。
逆に親の方が貧しい場合にはこちらが何かと出費する必要が出てきます。

他にも車を共同購入すれば、単純に車の取得価格・維持費・保険は半額になります。
実際に私は両親と車をシェアさせて貰っています。

マイカーを自分だけで所有するのに比べてかなり安く済みます。

・家事を協力しあえる(かも?)

姑さんとの関係によるかもしれません。

・子供を預けられる

親子関係にもよりますが、孫は高確率で可愛がってもらえますので、快く預かってくれる可能性があります。

・両親の健康状態が見える

良くも悪くも、毎日顔を合わせますので健康状態が見えます。
悪くもというのは両親の衰えもリアルタイムで目の当たりにすることになります。

・家が空くことが少ない(空き巣などに狙われにくい?)、荷物の受け取りがスムーズにいく

人数が多くなれば家に誰かいる可能性が上がります。
宅配便の荷物の取り損じが減るかと思われます。

同居のデメリットは?

・プライバシーが守られにくい

出かける時に行き先を聞かれるかと思います。
同居してたら聞きますよね?別居してたらいちいち電話やメールで報告はしないですよね?

・相手の家族と同居する人(義理の息子、娘)は、相手の家独自の伝統やルールがストレスになる。

例えば、家族全員でバスタオル共通問題や、お風呂は毎日沸かすか数日追い炊きするか問題など。

これ以外にもさんま御殿のエピソードのように「え!」となるカルチャーショックがあるんです。

・料理の味付けや好みの問題

例えば、スイカに塩をかけるか問題や、うどんだしは関西風か関東風かなど
メシは大事です。積もり積もると大きなストレスになります。

・気遣いによるストレス

風呂上がりに全裸になれないなど。

・サポートデスク的な役割をせざるを得ない

年賀状印刷してーとかネットが繋がらないとかのやつです。
これは近居でも次回訪問時になるだけで解消はされないかもしれません。
ただ、同居していればもっと気軽にいろいろ聞いてくるかと思われます。

まとめ

同居ではなく付かず離れずで良いとこ取りの近居がおすすめ。

プライバシーは守られつつ、お互いに助け合える。

今の家に決めた条件の1つがこの“実家に近い”ということでした。

パズルの終盤でピースがトントンとはまっていくように他の条件も全てピッタリとはまって購入が決まりました。

その辺のお話しは改めてさせて頂きます。

如何でしょうか?皆さんの参考となれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。