中古マンションリフォームで暮らす

実際に中古マンションをリフォーム(リノベーション)して暮らしている管理人のブログです。

中古マンションリフォームで暮らすのに向いていない人

http://www.flickr.com/photos/41675892@N06/4533424788
photo by jucapedro


中古マンションリフォームの特集は良く見かけますが実際に中古マンションリフォーム暮らしをしている人は私の周りではあまりいません。

そのせいか家の購入を検討している知り合いから相談を受けることも少なくありません。

アドバイスをしても大抵の人は新築一戸建てを購入しています。
中古マンションを購入するというのはまだまだ抵抗があるのかもしれません。
私個人的には、中古マンションを購入する人が増えて、中古マンションリフォーム(リノベーション)して暮らす人が暮らしやすい世の中になればいいなーと思っています。

そんな中で、あーこういう人は中古マンション向きじゃないなーと思う事がありましたのでご紹介したいと思います。

リフォーム暮らしに向いていない人

・ブランド指向
・お金持ち(新築を余裕で買える人)

高級ブランド指向な人

高級ブランドが好きな人は、人からどう見られているかを気にする傾向があり、みすぼらしい事を嫌う傾向にあると思われます。私が相談を受けた中では高級ブランド指向な人は最終的に大手のハウスメーカーの新築戸建や、建築家に新築戸建を注文する人が多いです。中古マンションリフォームは建物外観の古い感じと家の中の新築具合のギャップを楽しめるような人の方が向いていると思います。余談ですが家の中の設備に限って言えば、中古リフォームは結構有利です。新築マンションの同価格帯では決して入れることのできない設備を入れることができます。

お金持ちな人

夫婦共働きで充分な収入がある、又は貯蓄が数千万あるなど、十分に資金のある方は中古マンションを購入せず、新築の家を購入されることが多いです。私は十分な資金がなかったので中古マンションにしましたが、資金があれば注文建築にしていたかもしれません。

じゃあ逆に向いている人は?

じゃあ逆に向いている人は?ということになりますが、

古着・中古車・アンティーク家具などが好き、懐古趣味の属性がある人(そりゃそうか。)

お金のあまりない人・家に多くのお金をかけたくない人

他人からどう見られているかあまり気にならない人

できるだけ家の中だけにお金を使いたい人

以上のような人が向いているんじゃないかと思います。