中古マンションリフォームで暮らす

実際に中古マンションをリフォーム(リノベーション)して暮らしている管理人のブログです。

中古マンションリフォーム(リノベーション)の予算について

f:id:hinatakokage:20140621161649j:plain

中古マンションのリノベーション予算はいくらぐらいか?

それは業者さん、施工方法によって異なると思います。
それなら私がブログを書く意味がなくなってしまいますので、あくまで購入者目線で、購入時施工業者さん・建築家の先生から頂いたアドバイスなどを含めてご紹介したいと思います。

どの業者さんも、予算を引き上げようとする

あちらは商売なのでこれは当然です。家を購入する時もそうでしたが、私の場合、「家にそんなにお金をかけたくないんです。」と説明しても予算はいくらまでですか?ローンはいくらまで借りられますか?親御さんにお金を借りることはできますか?など(あ、予算を探りに来ているな)と思うことが何度もありました。

その度にいやいや、だから、と説明することが非常に疲れたのも事実です。

ひどい業者さんでは、そんな予算じゃあ家は買えません!まずは3,000万用意して下さい。話はそれからです。と言われた事もありました。

最終的に決めた業者さんは、こちらの希望を理解して、それに合った提案をしてくれたのが決め手になりました。

私の場合は、リフォーム総額は約800万円でした。高いでしょうか?安いでしょうか?それは家のグレードや施工方法によりますので比較することは難しいと思います。参考までに、同じくらいの広さの周辺の新築マンションより室内のグレードは間違いなく良いです。にもかかわらず物件価格+リフォーム代金を合わせても周辺の新築マンションより1,000万円以上安いです。時には倍の金額に近い差がある事もあります。(郵便受けのチラシ調べ)

実際にはその価格差は建物の質(築年数)だと思いますが、すごく得をしたような気分になります。

また、リフォームの予算は最初200万円少なく伝えたのですが、結局予算どおりになりました。(駆け引きに負けたのかもしれません。)

建築家に間に入ってもらった。

私は建築関係の仕事に縁はなく、知識もありませんでした。
以前にもご紹介しましたが、私の知り合いが建築家をしていたので、リフォームの設計と、こちらが指定したリフォーム業者との価格交渉・施工方法のチェックまでをお願いしました。

建築家に依頼する前は、建築家に依頼するなんて、お高いんでしょ?と思っていましが、建築家に価格交渉してもらい施工業者から値引きして貰った分もありましたし、建築家への報酬はリフォーム代金の数%を支払う、というものでしたのでそれ程高くありませんでした。

私の場合は知り合いだったこともあり、信頼できる人物だったので最初にこの建築家に任せたいというのがありましたが、これに関しては特殊な例かもしれません。

家の平米数は、80㎡以上あると良いらしい。

リフォーム施工業者さんからアドバイスを受けた時どうして?と思っていましたが実際私も80~100㎡くらいの大きさにしておけば良かったと今になって思っています。(妻はそんなに広かったら掃除が大変だから今くらいの広さが丁度いいと言っていますが・・・。)

現代人の生活スタイルを考えるとそれくらいになるという事でしょうか?

良くあるリフォームの例として、玄関土間、ウォークインクローゼット、広いリビング、オープンキッチンなどざっくり決めるとそれくらいの広さが必要になるのかもしれません。

家が広くても狭くても金額が変わらない部分と変わってくる部分

お風呂、キッチン、トイレ、洗面所は家が広くても狭くても必ず必要です。これはスケルトンリフォーム(リノベーション)する場合に絶対に予算が必要になってくる部分です。これらは作りとグレードによって金額が変わってきますが、最低かかってくる金額以下には減額できません。

逆にリビングや廊下のフローリングや玄関のタイルなどは広さに比例して予算が変わってきます。こちらも同様にグレードによっても金額が変わってきます。

まとめ

・気が付くと予算はどんどん増えてしまうので、注意する。
・家は80㎡以上あると、理想通りにしやすい。
・建築家に依頼することで建築家への報酬は必要になるが設計はもちろん価格交渉・施工のチェックなどを依頼することができる。
・全面リフォームする場合、風呂・トイレ・キッチン・洗面所は家の広さに関わらず予算が必要になってくる。また、グレードにより金額が変わる。
・リビングや廊下のフローリング、壁紙、玄関の床材などはスペースの広さに比例して金額が変わってくる。こちらもグレードにより金額が変わる。


いかがでしょうか?
最後までお読みいただきありがとうございます。