中古マンションリフォームで暮らす

実際に中古マンションをリフォーム(リノベーション)して暮らしている管理人のブログです。

ごみ置き場にはそのマンションのモラルが現れる。管理の行き届いたマンションの見分け方。


普段読ませて頂いているばんばんさんのブログにこんな記事が出ていました。

banban.hatenablog.com

住まい探しのチェックポイントみたいなものをよく見かけます。今日もそういうサイトをつらつらと見ていました。ごみ置き場のことまで書かれていることはあまりありませんが、大切なポイントだと思っています。

住まい選びのチェックポイントとして「ごみ置き場」は入れる派 - おうつしかえ

ごみ置き場にはそのマンションのモラルが現れる

http://www.flickr.com/photos/18661853@N00/175974258
photo by isado

私は中古マンションに住んでいますが、確かにゴミ置き場というのはマンション住人のモラルが現れると思います。
私の住んでいるマンションも、あまり良い状態とは言えません。いくつか理由がありますが、マナーの悪い人がいるのも事実です。

具体的には、出してはいけないゴミを袋に入れて出されているケースがあるようです。開封する訳ではありませんが、一般ごみの日なのに金属の音がしたりしてわかるようです。

他には、中古マンションならではの問題として、高齢化が進んでいることです。悪意がなくても高齢のためにごみの収集日を間違える方もおられるようです。

割れ窓理論

http://www.flickr.com/photos/94391237@N06/18365214506
photo by checkyourhead90


割れ窓理論というのをご存知でしょうか?

「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」


治安が悪化するまでには次のような経過をたどる。

1.建物の窓が壊れているのを放置すると、それが「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインとなり、犯罪を起こしやすい環境を作り出す。

2.ゴミのポイ捨てなどの軽犯罪が起きるようになる。

3.住民のモラルが低下して、地域の振興、安全確保に協力しなくなる。それがさらに環境を悪化させる。

4.凶悪犯罪を含めた犯罪が多発するようになる。

治安を回復させるには、

・一見無害であったり、軽微な秩序違反行為でも取り締まる(ごみはきちんと分類して捨てるなど)。
・警察職員による徒歩パトロールや交通違反の取り締まりを強化する。
・地域社会は警察職員に協力し、秩序の維持に努力する。

引用元:割れ窓理論 - Wikipedia


割れた窓を放置すると、誰も関心を払っていないと思う人が現れ、より重大な犯罪や問題を起こすようになるというものです。

人の目が行き届いていないと、問題が起こるんですね。

管理組合としてできることは?

ごみ置き場が汚いマンションというのは、おそらく管理会社・管理組合の管理が行き届いていない場合が多いと思います。
住民が見て見ぬふりをせず、自分の問題だと認識してすぐに管理組合へクレームを出す、管理会社へ連絡するなどした方が良いと思います。

管理が行き届いていない=ごみ置き場だけでなく他の場所にも問題がある可能性があります。
例えば、外壁の防水などの修繕をしていない、貯水槽、配管清掃などの周期を守っていないなど。

管理が行き届いているかどうかのチェックポイント

プロではありませんが住んでいて管理が行き届いているかどうかが現れるポイントを書いていきます。

・ゴミ置き場は綺麗か

・駐輪場は綺麗か(壊れた自転車が放置されていないかどうか)

・廊下の照明は十分明るいか

・エントランスが綺麗か

・外壁、外観は綺麗か

・管理人さんは気持ちよく挨拶をするか

・植栽などは手入れされているか

・ゴミが落ちていないかどうか

あとは、私が物件を選んだ際に気を付けた事は、「嫌な感じがしないかどうか」ということです。
オカルト的な事を書いていますが、これは結構重要だと思っています。

おそらく皆さんも、これまで生きて来て気持ちの良い空間と、嫌な感じのする空間ってあるんじゃないかと思います。霊的な話ではなく、直感の話です。第一印象です。

第一印象や直感で、嫌な感じがするならその物件は選ばない方が良いです。これまで無事に生きてこられたあなたの直感は当たると思いませんか?

細かな部分の管理が行き届いておらず、それが「嫌な感じ」になるのだと思います。

逆に言うと管理の行き届いているマンションは、これらがきっちりと管理されていて、管理人さんも元気良くて、全体として「いい感じ」を醸し出しているのだと思います。

明るく、綺麗で、元気よく、雰囲気が良い。

最後に

中古マンションを購入する際、こういった管理が行き届いているかを見るのはとても重要です。
管理が行き届いているマンションは生活しやすいです。

また、資産と考えた際にも資産価値が落ちにくいと言えます。適切に管理されていないマンションは躯体や設備の寿命もどんどん短くなって行きます。

人間と同じで、中古マンションも長生きしようと思えば健康診断して、悪い部分は治療しなければなりません。

中古マンションをリフォームして住むのなら、それなりに長く住みたいはずです。

管理の行き届いたマンションを購入するということもとても大切な事ですね。


この記事が参考となれば幸いです。


管理人の別ブログで書いた中古マンションリフォームに関する記事のまとめ

はじめに

このブログを更新再開するにあたり、管理人の別ブログ(日なたと木陰)で書いた中古マンションリフォームに関する記事をこちらのブログにまとめる事にしました。

このブログでは“中古マンションリフォーム暮らし”をテーマに実際に中古マンションをリフォームして暮らしている管理人がそこに至った経緯と、実際に暮らしていく中で気が付いたことなどを書いていきます。私は建築関係の専門家ではありませんので、専門的な事は書けませんが多くのこれから家を買いたい、という人にとって同じ問題に遭遇する可能性がありますので私たち夫婦が悩んだことやアドバイスを貰った事などをその方たちに向けて書きたいと思います。


メインブログの方は、暮らしの中で感じたことを中心に色々な事を書いています。(要するに何でも書いている雑多なブログです。)

こちらをご覧頂いた方で、中古マンションをリフォームした管理人が実際どんな子育てをして、どんな暮らしをしているのか?という事にご興味があれば別ブログ(日なたと木陰)もぜひご覧ください。


メインブログの方ではすでにご報告したのですが、ここでご報告するついでにメインブログでいくつか書いた中古マンションリフォームに関する記事をまとめたいと思います。


(※リンク先は管理者の別ブログです。)

これから家を買いたい人へ伝えたいこと

hinatakokage.hatenablog.com

これから家を買う人へ伝えたいこと、それは、“家が暮らしを作る”ということです。

新築であれ、戸建てであれ、“家を買う”ということは“家を買う”ことが目的ではなく、そこで実際に暮らすという事です。

私も最初そうでしたが、どうしても家を買う時には間取りや価格、設備などのいわゆる“スペック”に気持ちが行ってしまいがちです。

でも買った後、そこでどんな人生を送りたいのか?という事をぜひ一度考えてみて下さい。

リノベーション用に中古マンションを買う時に注意すること

hinatakokage.hatenablog.com

この記事では実際に私たちがどんな物件を選んだのかを書いています。

当ブログの“購入前”カテゴリにも同じような事が書いてあります。

購入前 カテゴリーの記事一覧 - 中古マンションリフォームで暮らす

失敗例から学ぶ、住宅設備を決める際に大切な事。

hinatakokage.hatenablog.com

これは私が失敗した具体例です。

住宅設備を決める際に大切な事。
それは、「身の丈に合った暮らしができる設備を選ぶこと」と、「住宅設備は奥さんに合わせる」という事です。

どんな暮らしをしたいかをイメージして設備を決めたのですが、詰めが甘かったのかもしれません。この辺りは実際に暮らしてみてわかった事です。

ルールがなければ作ってしまおう!マンションの管理費滞納額を500万円くらいからほぼゼロにした方法

hinatakokage.hatenablog.com

中古マンションには中古マンションならではの問題があります。私の住んでいるマンションでは管理費の滞納、住んでいる方の高齢化です。

例えば築40年のマンションだとすると、30歳で購入した人は70歳になってるんですよね。40歳の人は80歳。

もちろん売却して入れ替わったりしていますので若い人も住んでいますが、高齢者もかなり住んでいます。

新築マンションには新築マンションの、戸建てには戸建ての、人が集まればそれぞれ問題はあると思いますが中古マンションにもいろいろと問題はあります。

私は理事会のメンバーになった際に管理費滞納をなくす手順を作成し、500万円あった滞納金をほぼゼロにしました。今も私の作った仕組みでマンションは運営されています。

最後に

まとめにしては長くなってしまいましたが、こんな感じです。

これからは中古マンションリフォームに関する記事は当ブログで書いていきます。

エアコンやホームシアターのスピーカーなどを付ける予定の壁には下地補強を入れておく。

http://www.flickr.com/photos/74519193@N00/247064687
photo by Justin Shearer


日頃読ませて頂いているブログに以下のような記事が上がっていました。


頭の上からエアコンが落ちてきた話 – 賃貸マンションの欠陥工事

www.wakatta-blog.com


賃貸マンションの欠陥工事が原因で、エアコンが落ちてきたそうです。怖いですねー!

今回はこの記事を見て思い出した事を書いていきます。

エアコンやホームシアターを付ける予定の壁には下地補強を入れておく

おそらく親切なリフォーム屋さんなら教えてくれるかと思いますが、通常の壁は石膏ボードで作られており、エアコンやホームシアターのスピーカー、それに壁掛けテレビなど重量のあるものを設置する際にはあらかじめ壁に下地補強を入れておきます。

というか、私は工事現場のアルバイトをしたこともありましたので知っていましたが妻は最初石膏ボード自体知りませんでした。

石膏ボード(プラスターボード)とは
プラスターボードっていう言い方もあるようです。確かに業者さんはこのように呼ばれていました。プラスターボードって何ですか?って聞くと「石膏ボードの事です。」って教えて下さいました。

石膏ボードは、石膏をしん材とし両面を石膏ボード用原紙で被覆成型した建築用内装材料で、防火性、遮音性、寸法安定性、工事の容易性等の特徴をもち、経済性にも優れていることから「なくてはならない建材」として建築物の壁、天井などに広く用いられています。
引用元:石膏ボードとは|一般社団法人 石膏ボード工業会

石膏と言えば図工室の石膏で出来た石造のイメージなのですが、この石膏ボード、結構もろいです。ボロボロ崩れてきます。というか、簡単に加工できるのがメリットでもありますので、加工できるような素材になっているという事らしいです。

我が家もホームシアターがありますが、リフォーム業者より下地を入れるように勧められました。余談ですが、中古マンションリフォームなら予算を抑えられますのでこういった設備にお金を回すことができます。抑えることろはコストを抑えて、自分のやりたい部分に回せるのはメリットだと思います。

あとはクローゼットのカーテンレールを取り付ける予定の天井にも下地補強を入れて貰いました。(カーテンレールは後で自分で取り付けました。)

“下地補強を入れる”とは?

エアコンなどを設置する予定の場所へ、木製の合板などで補強を入れておいて貰うという事です。

下地を入れて貰った箇所は壁紙を貼ると分からなくなってしまいますが、壁を叩くとわかります。補強の入っていない壁は裏側が空洞になっていますので音がコンコンと響きます。補強の入っている壁は裏側に板が入っていますので、コツコツと響かない音がします。

こういった器具を使えば補強が入っているかどうかを調べられます。(我が家は自分で入れて貰ったのでどこに補強が入っているか覚えています。)

最後に

今まであまり意識していませんでしたが、スケルトンリフォームは解体~完成まで家が出来上がっていく工程を見る事ができますので家の事を全て把握する事ができます。欠陥工事があれば気が付きやすいので、この辺りは建売りの物件を購入するのと比較して安心だと言えるかもしれません。

下地補強は後で入れると大事になりますので、新築やリフォームの際には必要なら入れておくと良いと思います。

35年ローンを組んで家を買うのは愚かな事なのか?

http://www.flickr.com/photos/126278138@N03/17121706878
photo by pictures of money


35年ローンを組んで家を買う事について以前より賛否両論あります。

今もネット上でいろんな記事が上がっていますが私も住宅ローンを組んで家を購入しています。

結論から書くと、おそらく皆さんの予想どおりです。

結論は出ません。

少し前に、山崎 元さんの書かれたこの記事を拝見しました。

gendai.ismedia.jp

投資の観点から見た場合には、家を買うのが正解かどうかはわからないと書かれています。

ましてや住宅ローンを組んで家を購入する事は、一般家庭に於いては大きなリスクテイクになるとの事です。

投資の観点からはこれはとても正しい事だと思います。

しかし私が住宅を購入した際に考えた事は投資として合理的かどうかではありませんでした。

子供が生まれて、今住んでいる場所は子供が暮らしにくい場所だな・・・。

子供を育てるのに良い環境の場所に住みたい。

例えば、家を現金で買えるまで貯金すれば経済的には合理的だけど、子供が成人して、老後を過ごすために新居を構えることは幸せなことだろうか?

これについて経済的に合理的かどうかと言えば、合理的ではないと思います。

しかし家を購入するのはそれも考慮する必要はありますが、その選択をして幸せな暮らしができるかどうか?というのもとても大切な事だと思っています。

例えば死ぬ間際に新築の家を手に入れても私には余りメリットは感じられません。

それよりは子供が成人するまで、家族で暮らす自分達の家、私たちは自分たちの理想の暮らしをするための巣を作ることにしました。

私たち夫婦が家を買って正解だったかどうかは30年後くらいにならないとわからないと思います。

おそらくこれをご覧になられている方も私たち夫婦の結果を見る前に決断する必要があると思います。

私たち夫婦は中古マンションリフォームという結論に至りました。

住宅の取得に関する予算を新築の半額程度にすることでリスクを減らすことにしました。

これが正解だったかどうかはわかりません。幸せな暮らしができているかどうかについては、今のところ正解です。

そんな感じです。

中古マンションの購入 物件との出会いは偶然。それはパズルがぴったりと収まるようだった

http://www.flickr.com/photos/33958028@N06/6240721720
photo by B.Romain

ついに中古マンションを購入

前回からの続きです。
内覧をしてから中古マンションを購入するまでのエピソードをご紹介したいと思います。

前回の記事はこちらです。

中古マンションの内覧 良い点悪い点 - 中古マンションリフォームで暮らす中古マンションの内覧 良い点悪い点 - 中古マンションリフォームで暮らす

前回からの続きです。前回の記事はこちら中古マンションという選択肢 - 中古マンションリフォームで暮らす前回からの続きです。(前回の記事はこちら)家が欲しい。そう...

不動産屋さんに提示した条件

・私の実家か妻の実家に近いこと
・新耐震基準以降の物件と、以前の物件の両方を見たいということ
・全面リフォーム(スケルトンリフォーム)する前提で物件を紹介して欲しい
・立地が良いこと(駅近・周辺の治安・近くにスーパーがある、学校が近いなど)
・管理状態の良いマンションであること(子供が巣立つまでは住みたい)
・できれば南向き

以上の条件で最終的に2つのマンションまで絞られました。
そして内覧することに

マンションA

特徴

・立地:ベッドタウン
・8階建
・平成8年築
・世帯数約160戸
・駅近
・近くにスーパーなし
・学校近い
・機械式駐車場
・妻の実家に近い(車で10分)
・直近で大規模修繕工事済み

内覧物件①

・7階
・66㎡
・南向き
・ほぼ全面リフォーム済み

内覧物件②

・3階
・66㎡
・西向き
・リフォーム前

マンションB

特徴

・立地:ベッドタウン
・12階建
・昭和49年築
・世帯数約200戸
・駅近
・近くにスーパーあり
・学校近い
・駐車場平面(台数少ない)
・私の実家に近い(自転車で5分)
・直近で大規模修繕工事済み

内覧物件③

・3階
・84㎡
・東向き
・リフォーム前

内覧物件④

・3階
・73㎡
・南向き
・リフォーム済(浴室、トイレ)

※全て物件価格は同じ

内覧で感じたこと・夫婦で相談したことなど

マンションA

・築年数がそれほど経っておらず新しく、きれい。
・これならリフォームせず住むのもアリ?→ 金額的にはこれが最安となる。
・7階の物件の眺望がとても気に入った。遠くまでずっと景色が抜けており、遠くの山並みが見える。(妻は眺望はどうでも良いとのこと。むしろ災害時などエレベーターが止まった時や非難が必要になった時の事を重視して、3Fまでに住みたいとの事。)
・66㎡はちょっと狭いように思う

マンションB

・外観が古い。ちょっと不安になる。
・共用部が薄暗い。更に不安になる。
・立地は良い。
・私の実家に近い。
・駐車場台数が不足しているので駐車場を他で探す必要がある。
・物件③ 83㎡は広いが東向きというのが気になる。南向きが良い。
・物件④ 73㎡は物件③と比較するとやはり狭い。ただ南向きなのは良い。リフォーム済みできれいなお風呂に改修されており、これを壊すのは勿体ない。(購入価格にこの分も含まれていると思われる。)

最終的に決めたのは・・・

内覧物件④に決定

決めた理由

・南向きである
・立地が良い(私の実家に近い、周辺治安について知っている、スーパー、学校も近い)
・3階はぎりぎり眺望が確保でき(周辺の戸建住宅の屋根がベランダの下に見える程度である)、災害時の避難も比較的しやすいと思われる。(最悪の場合、飛び降りても命は助かるかも?)
・駐車場の空きがない件について → 実家まで自転車で5分の距離という事もあり、思い切ってマイカーを手放す。実家と車をシェアさせてもらうよう相談する。マイカーを手放せる条件が揃ったのでマイカーの維持費年間20~30万円が単純計算で半額になる。
・外観の古さと廊下の薄暗さについては、中をスケルトンリフォーム(リノベーション)して明るく、おしゃれにすることでギャップを楽しむという事にする。

まとめ

最後まで東向き83㎡の物件③と南向きで73㎡の物件④を迷いました。

同じ価格で東向きか南向き、部屋は10㎡の差がありましたが、結局南向きというのはそれだけの価値があるのだという事でまとまりました。

ついに物件購入まで来ました。

この後、リフォームへと続きます。

同居はイヤ!でも待てよ、近居で生活費を節約するというライフハック。

http://www.flickr.com/photos/46434953@N07/9529996261
photo by Rachel Elaine.

家を購入する際には、全ての支出を見直して資金管理しよう。

今回のテーマは同居か近居か、です。近居というのは近くに住むという事です。

本題に入る前にまず以下の検討事項があります。

家を購入する際には今何にいくら払ってるからこれくらいを住宅購入に割り当てられる、という計算をされることと思います。

なんと、同居すれば一気に資金面が有利になる場合があります。

住宅を共同購入する、車をシェアする、食材をコストコで安く買って分けるなど、他にもいろいろできます。

では本題です。

同居はイヤ!

家を購入する上で検討した方が良い事の1つに、親と同居するかどうか?というのがあります。

ですが両親が元気な場合、同居するメリットよりデメリットの方が大きく感じます。

プライバシーが確保されない、監視されてるような気分になる。家事のズボラができないなど・・・。

私も家を購入する際には親と同居するのかどうか非常に迷いましたし、実際に両親と相談しました。
私の母は父の両親と同居していましたので、同居の家族だったという事になります。また、第一子が生まれてから1ヵ月ほど妻の両親の家に同居させて貰ったこともあり、それらの体験談を交えてご紹介したいと思います。

同居するメリットは?

・資金面で協力しあえる

親の方がお金持ちであれば援助して貰えるので良いです。
逆に親の方が貧しい場合にはこちらが何かと出費する必要が出てきます。

他にも車を共同購入すれば、単純に車の取得価格・維持費・保険は半額になります。
実際に私は両親と車をシェアさせて貰っています。

マイカーを自分だけで所有するのに比べてかなり安く済みます。

・家事を協力しあえる(かも?)

姑さんとの関係によるかもしれません。

・子供を預けられる

親子関係にもよりますが、孫は高確率で可愛がってもらえますので、快く預かってくれる可能性があります。

・両親の健康状態が見える

良くも悪くも、毎日顔を合わせますので健康状態が見えます。
悪くもというのは両親の衰えもリアルタイムで目の当たりにすることになります。

・家が空くことが少ない(空き巣などに狙われにくい?)、荷物の受け取りがスムーズにいく

人数が多くなれば家に誰かいる可能性が上がります。
宅配便の荷物の取り損じが減るかと思われます。

同居のデメリットは?

・プライバシーが守られにくい

出かける時に行き先を聞かれるかと思います。
同居してたら聞きますよね?別居してたらいちいち電話やメールで報告はしないですよね?

・相手の家族と同居する人(義理の息子、娘)は、相手の家独自の伝統やルールがストレスになる。

例えば、家族全員でバスタオル共通問題や、お風呂は毎日沸かすか数日追い炊きするか問題など。

これ以外にもさんま御殿のエピソードのように「え!」となるカルチャーショックがあるんです。

・料理の味付けや好みの問題

例えば、スイカに塩をかけるか問題や、うどんだしは関西風か関東風かなど
メシは大事です。積もり積もると大きなストレスになります。

・気遣いによるストレス

風呂上がりに全裸になれないなど。

・サポートデスク的な役割をせざるを得ない

年賀状印刷してーとかネットが繋がらないとかのやつです。
これは近居でも次回訪問時になるだけで解消はされないかもしれません。
ただ、同居していればもっと気軽にいろいろ聞いてくるかと思われます。

まとめ

同居ではなく付かず離れずで良いとこ取りの近居がおすすめ。

プライバシーは守られつつ、お互いに助け合える。

今の家に決めた条件の1つがこの“実家に近い”ということでした。

パズルの終盤でピースがトントンとはまっていくように他の条件も全てピッタリとはまって購入が決まりました。

その辺のお話しは改めてさせて頂きます。

如何でしょうか?皆さんの参考となれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。


中古マンションをスケルトンリフォーム・リノベーションしてわかったこと-設備のこと

http://www.flickr.com/photos/30443947@N03/8146984746
photo by Novemberdelta

リフォーム・リノベーションでは設備を全て選ぶことができる。

まず最初にお断りします。以前にも記載しましたが私は住宅業界の人間ではありません。あくまで購入側として自身の経験をご紹介させて頂きます。
この記事の中には設備の紹介がありますが私の経験に基づくものであり、専門的に良し悪しを比較するものではない事をご了承ください。)

最近我が家によく来客があります。

お客様のお住まいは、一戸建て、新築分譲マンションなど様々ですが我が家の設備の話題になりました。

いずれも私の家の購入価格より高い家に住まわれている方ばかりです。

ある時、こかげさんの家のトイレすごいねー、と言われました。

ん?何がですか?と聞くとトイレのふたが自動で開く事に驚かれていました。

トイレについて

我が家のトイレは、LIXILのサティスです。TOTOのネオレストと迷いましたが、大きさの比較でこちらにしました。

(以下、アフィリエイトではありません。)

LIXIL | ƒgƒCƒŒ | ƒTƒeƒBƒXLIXIL サティス

ネオレスト タンクレストイレ|TOTOネオレスト タンクレストイレ|TOTO

それぞれの商品の中にもグレードがあり、値段が異なります。

車のようですね。どのオプションをつけるかなどを選びます。

我が家は住宅購入とリフォーム(リノベーション)の総額にすると新築マンションや戸建てより安いですが、設備に関しては良いものが入っています。(周辺調べ)

水栓について

水栓なんて何でも良くね?水が出てくれば。と思っていた時期が私にもありました。

実際に選んだのは水栓はグローエというメーカーのものです。浄水器が一体型になっています。我が家はアイランドキッチンになっており、お客様に見えるという事でデザインが気に入ったこのメーカーのものにしました。神は細部に宿る?らしいです。私が言うのも何ですが確かに美しいです。

よく使われているのはタカギとかでしょうか。

(こちらもアフィリエイトではありません。)

GROHE - GROHE - キッチン水栓  - 個性的なキッチン水栓GROHE - GROHE - キッチン水栓 - 個性的なキッチン水栓

みず工房エコシリーズ|株式会社タカギみず工房エコシリーズ|株式会社タカギ

壁紙

壁に関しては漆喰にしようかと思いましたが、これは予算的にやめておきました。

壁紙も、デザイン壁紙や布製の壁紙など本当にいろいろあって、選べきれない程です。

フローリング

リノベーションされる方は無垢フローリングを選ばれる方が多いかもしれませんが私はこれにしました。天然木の雰囲気はあって、メンテナンス性にも優れていそうだったからでした。天然木は肌触りはとても良いのですが、ワックスをかけたり、隙間にパンくずなどが詰まったり、水などここぼすと面倒なことになると教わりましたので、不採用にしました。(子供が小さかったので)

ライブナチュラル | フローリング | ラインナップ | 商品情報トップ|朝日ウッドテック株式会社ライブナチュラル | フローリング | ラインナップ | 商品情報トップ|朝日ウッドテック株式会社

最後に

リフォーム・リノベーションでは良くも悪くも設備を全て自分で選ぶことができる。

全てを選びたいという人にはとてもおすすめ

私の場合、住宅設備の知識はありませんでしたが、基本的に何でも選ぶのが好きです。洋服なども自分の好みに合ったものを見つけるまで探すようなタイプなので手間には感じませんでした。

選ぶのが面倒だと思う人もいる

人によっては、いろいろ選ぶのが面倒という人もいらしゃるかと思います。私としてはせっかくなので全て見てから気に入ったものを選ばれる事をおすすめしますが、建築家に全てお任せするのも良いと思います。

また、施主支給をする事で材料費を安くする方法もありますがそれはまたの機会にします。

皆さんの参考となれば幸いです。